足元倶楽部 Feat.YOU vol.42 @minorujoe23

@minorujoe23


Feat.YOUとは…
足元倶楽部編集部が数あるインスタグラム上のスニーカー投稿から選びに選び抜いたスニーカーヘッズに自慢の一足、思い入れのある一足などのエピソードを織り交ぜながら紹介して頂く参加型の企画です。

第42回目に登場して頂くのは、@minorujoe23さん!
今回紹介して頂いたのはこのコーナーでもおなじみのエアジョーダンですが、
個人的に伏兵的なモデルでした!その分お話を聞いていて熱い思い入れを感じました。
是非ご覧ください!

思い入れのある一足

@minorujoe23

選ばれたスニーカーのブランドとモデル名を教えてください。

選んだのは「 NIKE AIR JORDAN Ⅱ」です。(以下AJⅡ)

この企画初のモデルですね!
こちらの一足を選んだ理由を教えて頂けますか?

初めて買った思い出のAJ。
そんな思い入れのあるスニーカーの約20年振りの復刻なので選びました。

いつ、どちらで購入されましたか?

発売日にナイキオンラインで購入しました。

AJⅡにまつわるエピソードを教えて頂けませんか?

@minorujoe23

まずは自分が買った初めてのAJという事。
中学からバスケを始めて周りにエアジョーダンを履いて
バスケをしてる人も多かったですが見るとすごく上手い人かすごく下手な人しか
ジョーダンを履いてなくて、自分にとっては敷居が高いイメージでしたね。

確かにAJを履いてプレーしているとかっこいいし、すごい選手に見える気がします(笑)

そうですね、勝手なイメージなんですけど(笑)

その後、高校に上がりバスケをしている以上やはりなにかしらで
ジョーダンを履きたかったボクは94年のこのAJ2lowの復刻を知って
カジュアルライクで履けそうだし、ジョーダンだし、ヒトとかぶらないし、
通学履き兼普段履きということでお年玉で買った思い出のAJです。

この靴を通学履きしたんですね!おしゃれな高校生ですね笑
AJⅡのどこが気に入っていますか?

AJぽくないところ。でも実はAJみたいな(笑)
他のAJって強烈なインパクトあるんですがAJⅡってシンプルですよね。

タンのところのウイングロゴも好きなところです。
当時はインターネットも普及してない時代でジョーダンがLOWカットを着用して
プレーしてたのは当時は正直知りませんでした。HIGHのイメージだったんです。

でもオリジナルはイタリア製だった事やナイキのスウッシュが無いところなど
洗練されたシンプルなデザイン惹かれましたね。

あと最近?では今NBAで自分が一番好きなプレーヤーのカーメロアンソニーが
2004年にPEでAJⅡを着用してたのでさらにこのモデルを好きになりました。

確かにこのモデルは他のAJシリーズとは一線を画すような
シンプルなデザインですよね。
並々ならぬ想いも教えて頂き有難う御座います!
@minorujoe23さんにとってスニーカーとはなんでしょうか?

@minorujoe23

自分の思い出といつも隣り合わせにいる大切な友人みたいなもんですかね。

新しい表現!でもまさに思い出に寄り添う一足ですね!
では、@minorujoe23さんがいつも注目している人などいらっしゃいましたら教えて下さい。

僕のフォロワーさんは僕以上にスニーカーに対しての愛情をお持ちの方々ばかりですが
強いて挙げるならば、

@tatsuma23 さん
@smooth_no13 さん

ですね。

こちらのお二人はどのような方々でしょうか?

@tatsuma23 さんはまずは足元からのコーデが上手。
洋服に負けないインパクトのあるスニーカーでいつも足元をキメています。
スニーカーの知識も凄くてAJ3が代名詞になっています(笑)

@minorujoe23

@smooth_no13 さんは無類のNBA好きのシグネチャーモデル好き。
流行りのというより憧れのプレーヤーが履いてたからという感じで
スニーカーをチョイスしてます。そんなところはいつも脱帽ですね。

アカウント名に「23」がついている時点でAJ好きってわかりますね!
インタビューも終わりに近づいています、最後に何か一言どうぞ!

この企画に参加させていただきありがとうございます!
今後もいろんな思い出を作る上で足元も一緒に思い出せるような
sneakerlifeを送っていきます!!また機会がありましたらよろしくです。

編集部より
第42回目に登場して頂きました、@minorujoe23さんいかがでしたでしょうか?
確かにAJシリーズはこちらの企画でもたくさん紹介してきましたが、意外や意外、
こんなかっこいいモデルを見落としていたとは。
@minorujoe23さんは高校の通学で履く靴として当時から愛用していたなんて、
先見の明がありすぎですね。思い入れも熱く、すごいの一言です。
今回はご協力頂き有難う御座いました!

編集部では自薦他薦問わず、「この企画にふさわしい!」と言う方を大募集しております。
ご興味がある方は是非お問い合わせください。
(※必ずご自身のインスタグラムアカウントを明記の上ご連絡お願い致します。)

info@ashimoto.club

関連記事: