「#推しスニ」 vol.13 今こそ新鮮!生誕30周年を迎えたオールレザーシューズの元祖[CLASSIC 88]

今こそ新鮮!生誕30周年を迎えたオールレザーシューズの元祖[CLASSIC 88]

1966年、スイス人の兄弟がカリフォルニアに移り住んだことから始まった「K・SWISS」。
テニスプレーヤーかつスキーヤーだった彼らの手がける革新的なシューズはアスリートの心を掴み、瞬く間に人気を博していった。ブランドのアイコンである[CLASSIC 88]は今年、生誕30周年。トレードマークであるサイドの5本ラインはオールレザーならではの伸びを抑え、適度に足をホールド。靴紐を確実に締めるDカン。スリー・ピース・トゥは摩擦の激しいつま先の強度を高めるため。受け継がれるデザインはいくつもの機能性も兼ね備え、履く人の心に寄り添い続けている。
SNS世代には新鮮な「K・SWISS」が3/6まで、ラフォーレ原宿にてポップアップストアを開催。実際に足入れをして履き心地を体感してほしい。

ホワイトのオールレザーはデニムとの相性が抜群。絶妙な重厚感のあるレザーがスタイリングのアクセントに。

無骨な格好良さが漂うブラックレザーはラインソックスと合わせてストリートな印象に。

ホワイト×ブルーの組み合わせは今年らしく白ソックスで合わせてメンズライクに。

トリコロールラインはカジュアルスタイルに。シティーやレジャーでも活躍できるデイリーユースな逸足。

クラシカルで品の良いブラウンベースのガムソールが大人なスタイルにもカジュアルスタイルにも合わせやすい逸足。

【 K・SWISS】

関連記事: