「#推しスニ」vol.8 どこか懐かしくて心地良い。「K ・SWISS」のオールレザーシューズが再びトレンドに。

どこか懐かしくて心地良い。
「K ・SWISS」のオールレザーシューズが再びトレンドに。

1966年にスイス人兄弟がスキーブーツからインスピレーションを受け、世界で初めてとなるオールレザーシューズを発売したことから始まった「K・SWISS」。ブランドを象徴する5本のストライプ、Dリング、スリーパネルトゥ。機能性は勿論のこと、シンプルで上品なデザインは流行にも左右されず、どんなスタイリングにも合わせやすい。アスリートのみならずトレンドセッターからも支持を集め世界中で愛されるロングセラーとなった。
現在に至るまで数々のアップデートを施してきたが、昨年ブランド創設50年を迎えたことを機に
多くの有名セレクトショップやコラボレーションとの取り組みがスタートし再びトレンドとなるつつある「K・SWISS」に今後も目が離せない。

Classic 88

ブランドを代表する名作で”5本のストライプ”や”Dリング”を使用することでデザインと機能性を兼ね揃えた[Classic 88]をベースに採用。アッパーのホワイトにアクセントとしてトリコロールカラーを加えることでデニムとの相性も良い、カジュアルな印象に。

Classic 88

アッパーの鮮やかで上品なブルーカラーが映える。

Classic 66

ブランドを代表する名作で”5本のストライプ”や”Dリング”を使用することでデザインと機能性を兼ね揃えた[Classic 66]をベースに採用。アッパーに使用した質感の良いブラックレザーがコーディネートをグッと引き締めてくれる。

Clean Court CMF

シンプルでスタイリッシュなコートシューズ[Clean Court CMF]をベースに採用。
アッパーにはオールレザー、インソールには低反発素材を採用することで抜群の履き心地を実現。アッパーにはブラックを、ソールにはホワイトを。程よいの存在感が◎

Clean Court CMF

アッパーにはオールレザー、インソールには低反発素材を採用することで抜群の履き心地を実現。アッパーからソールまでホワイトで統一することでスッキリとした印象を与えてくれる一つは持っていたい。

【 K・SWISS】

関連記事: