今回「PUMA」がタッグを組んだのは「Diamond Supply」

PUMA x Diamond Supply Clyde

西海岸発のスケート&ストリートウェアブランド「Diamond Supply」と初となるコラボレーション。90年代のスケートカルチャーに着想を得たスニーカーのカプセルコレクショ ンを発表。初めてのコラボレーションにあたり「PUMA」と「Diamond Supply」が選んだのは、80年代後半か ら90年代前半に掛けてストリートやスケートシーンで爆発的な人気を誇ったクラシックなシルエット。カプセルコレクションの最初のスタイルとして登場するのは70年代を代表するスポーツシューズ[CLYDE]。バスケットボールにルーツをもちつつもストリートに欠かせないアイテムとして進化 しました。「PUMA」と「Diamond Supply」は当時へのオマージュとして、「Diamond Supply」ならではのスタイルに落とし込んだ。
アッパーには、「Diamond Supply」のシグネチャーカラーであるアルバブルーに染められたプレミアムソフトスウェードを使用。フォームストライプにはブラックを採用。シュータンにはダイアモンドのロゴが輝き、インソールにはプリズムダイアモンドのグラフィックがあしらわれている。「PUMA x Diamond Supply Clyde」は日本では12月3日(土)より、プーマ取扱の一部で販売される。価格は18,360。

関連記事: