【4/28発売】PUMA『THUNDER SPECTRA』流行のダッドスニーカーにPUMAが参戦

PUMA
THUNDER SPECTRA

ぽってりとしたフォルムやアッパーのデザインが”まるで休日に父親が履く靴のようだ”ということから「ダサい」とされていた”ダッドスニーカー”だが、「Balenciaga(バレンシアガ)」の『TRIPLE S』を始め、今やスニーカー業界では注目の的となっている。そして「PUMA(プーマ)」もその”ダッドスニーカー”市場に参戦。海外でも話題となった待望のスニーカー『THUNDER SPECTRA(サンダー スペクトラ)』が国内で遂にリリースされる。

今回登場するのは「ALEXANDER McQUEEN(アレキサンダー・マックイーン」と共同で手掛けたランニングシューズ『MCQ TECH RUNNER LOW(マックキュー テック ランナー ロー』のデザインを継承したもの。ブラックのメッシュとレザーはシューズの全体を引き締めながらも、レッド、ブルー、イエローといったビビットカラーのヌバックが柔らかくアクセントとして配置されている。

そして特徴的なボリューム感に溢れるソールユニットは波のような流線形を描き、”ダサい”という言葉を飲み込んでしまうようなインパクトのある存在へと仕上がった。

『THUNDER SPECTRA』2018年4月28日よりプーマ取扱店にて発売が予定されている。

商品詳細

THUNDER SPECTRA

[発売日]: 2018年4月28日(土)
[商品名]: PUMA / THUNDER SPECTRA
[価 格]:15,984円(税込)
[販売店]:「プーマ取扱店」…

関連記事: